※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

職場で避けられるけど気にしない【体験談】

 

タフに捉えよう

20代の頃、保育士をしていた現場に同時に入社した同僚がいました。

私はおっとりしているのですが、正反対のタイプの彼女はテキパキしていて優等生タイプでした。

初めはお互い無難に付き合っていましたが、入社から半年くらいすると関係は少し悪化していきました。

彼女は世渡り上手なので、先輩先生ともすぐに仲良くなり私とはあまり話さなくなっていきました。

その後、私は退社してしまったので彼女とも音信不通になり今も全く付き合いはありません。

人間関係に悩む人に伝えたいことは、職場には色々なタイプの人がいるので、こういう考えもあるんだなとタフに捉えた方がいいということです。

 

諦めも肝心

私が26歳のとき、職場に一つ上の女の先輩がいました。

その先輩は、歳は上だけど同じタイミングでの入社だったので同僚でもあったので

ほぼ友達のように仲良くしてくれて、ランチに行ったり、休日に買い物に行ったり、とてもいい関係性でした。

その後、先輩が結婚し、子どもを産んで1年半育休を取ることになりました。

先輩が育休中、私はあるプロジェクトのチームリーダーに抜擢され、一生懸命働いていました。

1年半後、先輩が育休から復帰したとき、私はリーダーで先輩がその下につくような形になりました。

そのころから、あれだけ仲良くしてくれていたのに、先輩から話しかけてくれることはほとんどんくなくなってしまいました。

私が先輩よりも上の立場にいったのが、あまり気分がよくなかったのだと思います。

今、またその先輩は第二子出産のためお休み入ってしまったため、その状態から関係がよくなることはありませんでした。

また仲良くしてくれるならとても嬉しいのですが、今回のように自分が何かをしてしまったわけでもないし、悪いことをしたわけでもないので、関係修復は少し諦めています。

もし同じように不可抗力で関係が悪化して悩んでいる方がいたら、もう諦めるというのも手かもしれません。

 

距離と時間を置く

私が23歳だったときのエピソードです。民間企業の事務をしていたのですが、その当時の上司は、とても優しく、気さくで、頼りがいのある人でした。

私はその上司のことを尊敬、信頼していたので、進んでその上司の抱えている細々とした仕事や雑用などを手伝っていました。

これといったきっかけはなかったのですが、その年の年末あたりから上司の機嫌が悪くなり、時々冷たい態度を取られるようになりました。

原因は今でも分かっていません。翌年の春頃から、前のような関係に戻り、現在も一緒に仕事をしています。

もし同じような悩みを抱えている人がいたら、機嫌が悪い人には必要以上に関わらず、時には距離を置くことも考えてみてください。時間が解決してくれることもありますよ。

 

周囲の誰かの相談

20代前半の時に事務職(契約社員)として働いていました。

配属された課では女性の上司の方が全ての雰囲気を仕切っていました。入社時の私は若かったこともあり、上司・職場の殺伐とした雰囲気に圧倒され、萎縮してしまっていました。萎縮し、きちんと質問ができずミスをして怒られる悪循環が続きました。なんとかこのミスを改善しようと、教えられたことは必ずメモを取り、内容を覚えて出社していましたが、また萎縮して頭が真っ白になってしまいミスを繰り返していました。

ミスが原因で上司との関係は悪化してしまい、契約満了時に退職しました。

関係改善を試みましたが上手くは行かずその後、上司とは連絡はとっていません。今、振り返ると関係を悪化させたのは、自身のおどおどとした振る舞いと仕事でミスを重ねてしまったことによるものだと反省しています。また一人で抱え込まずにまずは周囲の誰かに相談することから始めてみると良かったと思います。

 

転職も一つの手

ドラッグストアに正社員登用を目標にパート入社した私は、販売成績、商品内容の勉強、医薬品登録販売者の資格の取得、化粧品メーカーの独自資格取得など、勢力的にがんばっていました。

上司から目をかけられる事も多く、早いうちから責任業務も任されていたりしました。

その状況が先輩方にはおもしろくなく、ひいきされているように写ったそうで、5人程の方に徐々に無視をされるようになりました。

酷いときには、ペアでの仕事の歳、罵声を浴びせられたり、お昼休憩では、お弁当の中身を批判してきたりと、とても居心地のよい環境ではなかったです。

それでも辞めたら負けだと思い、がんばっているうちに、数名の先輩方は他店舗へ移動され、残った先輩も分が悪くなったのか、後を追うかのようにすぐ退職してしまいました。

私の場合、自分から何かを行動にうつした訳ではなく、先輩方の移動や退職を気に転機が訪れましたが、本当に苦しくて、しんどくて、毎日会社に行くのがつらい方は、他の職場を探してみるのも手だと思います。我慢はいつか爆発します。心を壊してしまうその前に自分をケアしてあげる事も必要です。

 

仕事のみの関係と割り切る

今現在起きていることですが、去年籍を入れコロナもあったので結婚休暇を延ばしてもらっていました。

今度のGWに結婚休暇をもらおうと上司の方にお願いし、相談した時はOKを出してくれていたにも関わらず、数日後少し休む期間が長すぎると言われました。(私の同僚に休むことを私より前に言ってしまったようです。)

その同僚に多少仕事の負担がいってしまうのは分かっていたので事前にお願いしていて、一度Okをもらったにも関わらず本当にムカつきました。

一生に一度の結婚休暇くらい気持ちよくOKしてくれないところや、自分が大変だという理由だけでなぜか少し嫌味まで言われました。

元々同僚は子供っぽく感情の起伏も激しい人なので色んな事をこちらは諦めているのに・・・と思ってしまいました。以前からの対応は変わりませんが、今後もその方とは表面上、仕事上のみの関係だと割り切っています。

 

わざとらしいほどおだてる

今まで普通に接していた3つ上の先輩が、急に、私にすごく当たりがきつくなりました。

どうしてかなと思っていたら、その先輩は短大卒なのですが、私がその職場では珍しい、割と偏差値高めの四大卒だということをどこかで知ったからだとわかりました。

すごくプライドが高く、自分が一番仕事ができると思っている先輩です。ちょっとでも私がミスすると、「いくら頭が良くてもね~」みたいな嫌味をチクチク言ってくるようになりました。

そんなことで恨まれるのも面倒なので、逐一、先輩はすごい!とか教えて下さい!とか尊敬してます!とか、わざとらしいほどに持ち上げていたら、あっけないほど上機嫌になり、そのうち一番かわいがってくれるようになりました。

 

あまり近づかない

はっきりとした理由は未だに分かっていないけど、昔同じ職場で仕事をしていた女性と上手くいかなくなったことは何度もありますよ。

その度に思い当たることがないか振り返って考えるけど、やっぱりこれといったトラブルがなくて結局女同士ってそんなものというか、いつまでも良い関係を保つのは本当に難しいんだと。

アパレル販売員をしていたときはわたしがコーディネートしたものの売れ行きが良かったからか仲間はずれにされて悲しかったな。

職場に女性が多いといろんな人がいるので、とてもやりにくい人がいたり、すごく接しやすい人がいたりして結構ストレスが溜まります。意見が合わなくて衝突した経験があるので、話をしても会話がかみ合わない人ややりにくい人は、嫌な思いをしたくないので自分から距離を置いて、あまり近づかないようにしています。

最初に話してみてすぐ 「あっ、この人は苦手かも」って言うのが分かると、次からはあまり接しないように近づかないようにするようにしています。

 

向上心でカバー

当時の私は新卒で入社した新入社員でした。そのときに悩んでいたのは5歳年上の女性との人間関係です。

その方は中途採用だったので職場では同期でした。その方から避けられるようになったのはちょうど半年くらいのことです。同期たちみんなで食べていたランチにも飲み会にも誘われなくなっていきました。

今になって思いますが新卒で入社した私はその同僚のことを頼りすぎてしまっていたのかもしれません。同じ給料なのに自分の方が仕事量が多いとそりゃ嫌になりますよね。新卒だからといっても同じ立場なのですからもっと自分から仕事をみつけその同僚に追いつくぐらい頑張れば良かったです。

 

合わないときには離れる

女性だらけの職場で働いていた時、人数が多かったせいもあってか様々なタイプの人がいましたが、職場のトップが成果主義というようなタイプの人に切り替わると、営業成績の悪かった私への風当たりは強くなりました。

価値観の違いといってしまえばそれまでですが、イライラさせるようにわざと焚きつけるようなことを言われたり、こちらが弱い立場なのをいいことに時に勝手にシステムを変えられたりなどされ、いい成績を残すと逆に威嚇して妨害するようなことをしてきたりしました。

結果的にはその職場は退職しましたが、成果主義的な人たちばかりのスタッフになったあとはお互いがマウントの取り合いのようになり、かえってまとまりが取れなくなってそのトップにいた人を始め退職者が増えたと風の噂で聴きました。

無理をせず合わない時に離れることができて良かったと思いました。

 

逆に明るく頼ってみる

25歳くらいの頃、37歳の先輩にある日突然きつく当たられるようになりました。

それまでは普通だったのに、ある朝いつものように挨拶をした瞬間、「機嫌悪いの?なにそのあいさつ」と理不尽に怒られ、そこから地獄の日々が始まりました。

ことあるごとに私を呼び出し私が泣くまでねちねち怒りました。私も限界がきてしまい、上司に相談しましたが、とりあってくれず。どうしたらいいのかわからず本当に疲れ切っていました。

悩んだ末、もしかすると私が先輩を頼らないことが気に入らないのかもしれないと思い、その日から先輩を頼るようにしました。「教えてください」「先輩のようになるにはどうしたらいいですか?」など、ひたすら先輩に憧れているそぶりで話しかけました。するとみるみる態度が柔らかくなり、今では私が1番可愛がられる後輩となりました。

当時は本当に大嫌いな先輩でしたが、今では良好な関係を築けています。やはりだれしも自分に好意のある人は自然と自分も好きになることが多いのかなと感じました。苦手な人こそ、明るく頼ってみるのもいいと思います。

 

業務以外でしゃべらない

年上で一応先輩にあたりますが、上司ではなく同僚の方になります。一言で表すなら、態度、口調がその日の気分で変わる人で、何か悪いことをしただろうかとさんざん考えましたが、どう考えてもこちらに非があるとほ考えられないと途中で思い直すことが出来ました。

気分が良くない日は、男口調で人のあらを探し、あらが見つからないと、見た目や態度など言わなくていい一言を言ってきます。気分がいい日は猫なで声の甘える口調で話しかけてくるので、振り回されているのが馬鹿馬鹿しくなり、業務以外では話すのをやめました。

 

仲間を探す

現在の会社で私が25歳でその女性は20歳近く上の人です。最初は会社のルールや仕事をその人から教わっていました。

お菓子をくれたりワンちゃんの写真を見せてくれたりと上手くやっていけそうだなと思ったのですが…

入社して2か月経ち、私はその人の部を離れ経理部に配属になり現場の方々から集金してくる業務を任されました。

そのあたりから陰口を言われはじめるようになり、しまいには周りの人たちにも聞こえるような大きな声で悪口を言っていました。

心当たりはまったくありません。しかしそれも数カ月続き私のメンタルは限界に。

複数の人に悪口を言われる理由を相談して返ってきた答えは「嫉妬なんじゃない?」と言われました。

現場の方々からの集金の際に仲良く話している姿が羨ましいんだと思うといわれ、ちゃんと仕事をやっているのにも関わらず悪口を言われる意味がわかりませんでした。

その人とはいまも仲は悪いです。仲を修繕する気もありません。

「あの人はそういう人だからみんな嫌いだよ」と職場の人たちは言ってくれるので、その言葉を頼りに何とかやっています。

ちゃんと仕事をしていても、思いもよらない理由で仲が悪くなったり嫌われたりすることはあります。

でもそんな自分の事を見てくれている人はたくさんいるので、まずは周りの人に相談してみましょう!仲間は必ずいます!

 

心のなかで見下す

24歳の頃、私は小さな会社でOLとして働いていました。

女性社員があまり多くなかったため、『お昼休憩は女性社員みんなで一緒に食べる』という謎の決まり(強制されたわけではないのですが、それが当然という空気だった)があり、仕方なく毎日お昼ご飯を一緒に食べていました。

それは私が入社してからずっとそうだったのですが、ある日突然女性社員たちが私を置いて食堂に行っていました。いつもなら一緒に食堂に行くのに、私だけが置いて行かれるなんてことは初めてだったのでビックリ。でも、その時はたまたまかな?と思ったので、何も考えずに食堂に行きました。楽しそうにご飯を食べる女性社員たちに話しかけると、なんだか空気がいつもと違いました。私を見る目が冷たいというか、一応笑ってはいるけど目が笑ってないというか。そこでやっと『あぁ避けられているのだな』と気づき、そっとその場を離れて1人でご飯を食べました。

皆に突然避けられた理由はその時も今もわかりません。でも、理由なんてもう何でもいいです。それよりも、呆れたというか、ガッカリしたというか、大人になってまでそんな子供のような態度を取られると思っていなかったので失望しました。でも、だいたい女性のそういった『突然の仲間外れ(避けられる)』は次のターゲットが見つかれば状況はすぐに変わります。予想通り、私へのよそよそしい態度も3週間ほどで元通りになりました。

正直、私の中では納得がいっていなかったのですが、さすがに大人なので何も言わずに普通に話し、いつも通り女性社員みんなでご飯を食べました。心の中では『くだらねぇ人間関係だなぁ』と思いながらも笑顔でちゃんと接しました。でも、その会社を辞める時はさすがに全員の連絡先を消しました。もう二度と関わりたくなかったので。きっと、私のような経験をしたことがある人、これからそんな目に遭う女性は多いと思います。その時は『自分はこんなくだらない人間にはならないでおこう』と心の中で見下して、気にせず普通に過ごしましょう。考えるだけ無駄だからです。

 

挨拶だけしてやり過ごす

35歳頃、学童保育で働いていたときのことです。

子どもの人数はさほど多くなく、そのため職員も私を含め5人だけでした。施設長は男性で、あとの3人は私よりも結構年上の50代前後の方でした。そのうち長年勤めていらっしゃる方がお二人いらして、そのお一人が厄介な人でした。

初対面から最悪で、挨拶すらまともにしない人でした。こちらがしても無視です。意味が分かりませんでした。

私がある子の宿題をみていると、なぜかその人がやってきて私を他へいくよう態度で示しました。自分のテリトリーをおかされたくないというかなんというか、とにかくその人がいる時間が苦痛でしかなかったです。年を重ねても挨拶すらまともにしない、こんな非常識な人もいるのかと思いました。

結局私は早々に辞めたので解決策はこれといってないのですが、いくら無視されても挨拶だけはきっちりしました。するべきだと思ったので。世の中にはいろんな人がいます。年齢は関係ないです。いくら年長者であっても非常識な人もいます。相手と戦うことはせず、うまくやり過ごすしかないかと思います。

 

仕事だけと割り切る

もう20年近く前に勤めていた会社での話です。わたしは転勤になり、関東のある営業所勤務になりました。

転勤して暫くすると、別部署のボスとその取り巻き軍団笑 が、わたしのことを何故か贔屓するようなことが始まりました。わたしの所属部署とボス・軍団の部署は離れているのですが、関係ないのに「コーヒーを淹れて欲しい」と内線電話がかかってきたりしました。たまにその内線がわたしと間違えて同じ部署の女子社員にかけられることがあって、その度に嫌な顔をされながらわたしに「電話よ」と回されました。

わたしにとっては別にどうでもいいので、とにかく迷惑でした。そのため同じ部署の女子社員には嫌がられましたが、また別部署の女子社員には理解されていたので、味方もいてくれました。でも当然、嫌な気持ちもあり毎日がつまらないと感じましたが、人間が多ければ多いほど問題は起こります。関係を改善しようとか、無理に全部対応していたら身が持ちません。別に仲良くできなくていいから、仕事だけうまく進めば良いという割り切りが必要だと思いました。

 

ビジネスライクに

当時入社3年目で、アパレル関係の会社で働いていたときの話です。

わりとフランクな社風で人間関係も良いところだったのですが、1年後輩の女性社員から妙に距離を置かれるようになりました。

彼女が入社してから、ランチに行ったり複数人で飲みに行くなど、そこそこ親しくしているつもりだったのですが、急に私のことが怖いと周りに言い出したようで、飲みの誘いなども断られるようになりました。

軽い世間話などはするものの、プライベートなどの込み入った話はあまりしたことがなかったし、みんなと変わらず接しているつもりだったので、とても驚きました。

身に覚えがないし、同僚などに相談しても原因が分からないままだったので、しばらくそっとしておきました。

結局彼女が別の支社に転勤することになり、会う機会もなくなりましたが、最後まで微妙な距離感ができたままだったので残念でした。

自分は何もしていないつもりでも、相手がどう受け取るかは分からないので、反応などを見て判断することは大切だと思います。

ただ、もし思い当たることがないのであれば、そこは割り切ってビジネスライクに接するのも良いと思います。

 

愛想笑いと距離感

勤めていたところが教育関係のところだったのですが、そこの発言力のある人とうまくいきませんでした。

私がやろうとすると「いい!私やるから!」、連絡帳を書いても保護者に渡すのは彼女で、「私が書いた、私が1日見ていた」とアピールしまくり。

掃除も片付けも全部私に押し付けて、自分はスマホを見てのんびりしていました。それが嫌になって上司に相談し、うつ状態が続いたので私は休職することにしました。

復帰後、彼女から「私が悪いんだよね?ごめんね?」と言われて、「そうだよ!」と言いたいところを我慢して「そんなことないですよ?」と愛想笑い。なるべく関わらないようにして1年を終えました。

 

正直に伝える

高校を卒業後、就職をした初めての勤務地での体験談です。

職場には事務員として勤務していく中で3名の御局様が居ました。

その時私には同期の女性が1人いた為嫌なことがあっても2人で支えながら業務にとりくむことができました。

ただ、その女性が産休に入ったことにより、御局様達の仕事が今まで以上に私に回って来るようになり、その頃から上司達も見て見ぬふりをし始めました。

しかし、所属支店の所長が変わり、面談をする機会を設けていただけたので、自分のキャパを超えてしまっている旨を正直に伝えたところ、今までの業務のやり方を変えて下さり、御局様達も声を掛けて手を貸していただけるようになりました。

それから私は言っても無駄と思わず、今自分が思っていることや困っていることに関して、正直に伝えることは自分を守る為にもすごく大事な事だと考える様になりました。

 

睡眠・食事・愚痴でストレス解消

23歳で新卒で入社した時、威圧的な方で全ての言葉に棘がありました。

若い人間が気に入らないようで、できていないことを棚に上げて言葉の攻撃をしてくる年配の方でした。

人間関係に悩む方にはまず距離をおくことをオススメします。一緒にいる時間が少ないと、その分トラブルも生まれることはありません。もし、同じ仕事をしないといけない時間が生まれたら、必ず挨拶とハキハキした返事をします。

また、あえて自分からコミュニケーションを取ることをオススメします。必要最低限の会話に抑えて、言われたことは深く考えず、その日はよく眠りましょう。気になってきたら、職場の信頼できる上司や職場外での友人に嫌だったことを話し、美味しいものを食べることで自然と忘れていきます。